建築資材

丸棒材の3点折り曲げ強度試験

丸棒材の折り曲げ強度試験事例です。3点曲げ強度試験治具を使用し、棒材が折れる力(曲げ強度)を測定します。動画では、建築資材や家具材料に使用される棒材の強度試験例を紹介していますが、その他にもプラスチック板、金属板など棒状・板状のサンプルに応用可能です。このような曲げ強度試験は、安全評価や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

スポット溶接の強度測定

スポット溶接の強度を測定するため、接合部を引張り、耐えられるかを試験します。安全性の評価や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

ドア・シャッター・窓

自動引き戸セットの安全性評価(動的/静的力測定)

自動引き戸の安全性を確かめるために、その動的力と静的力を測定する試験です。JIS A4722:2017に一部準拠しています。試験では、規格条件に定められたドアと壁の間の距離に合わせ最適な長さで選んだスペーサを使いながら、自動ドアがセンサーに衝突した際の最大荷重値を測ります。時間とともに推移する荷重値を記録するソフトウェアを使うことで、動的力と静的力が基準内におさまっているか確認ができます。より正確に測定したい場合は、センサーを保持しやすいスペーサハンドルを併用することをお勧めします。日常的な自動引き戸の保守点検などに最適な測定仕様です。
詳細はコチラ

鍵を回す力測定 (トルク-角度測定)

鍵を回す力(トルク)を測定します。HTGS/A用回転補助治具に鍵とシリンダーを取り付け、鍵が1周回るまでにかかるトルクと角度の関係を分析します。研究開発、品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

自動ドアの閉じ力測定

建物等、自動ドアの閉じ力を専用ロードセルで測定します。作動点検、保守安全点検で利用されております。JIS規格に基づいた測定が可能です。
詳細はコチラ

防火戸の閉じ力測定

防火戸の閉じ力をフォースゲージと専用ハンドルを用いて測定します。作動点検、保守安全点検で利用されております。建築基準法に準拠した測定が可能です。
詳細はコチラ

シャッターの閉じ力測定

シャッターの閉じ力を測定するため、シャッターを引っ張り、操作力を測ります。作動点検、保守安全点検で利用されております。
詳細はコチラ

日用品

耐震ジェルマットのタック試験

耐震ジェルマットは安全な暮らしを支えますが、耐震ジェルマットの粘着力が低ければ、家具などの転倒を十分に防ぐことはできません。そこで、十分な粘着力があるかを確認する方法としてタック試験があります。具体的には、耐震ジェルマットの測定サンプルに一定の速度で圧縮し、一定の荷重値に達したら戻します。その戻す時の最大荷重値が耐震ジェルマットの粘着力になります。このような試験は品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

クリップの把持力測定(手動による簡易測定)

紙に対するクリップの把持力を測定します。デジタルフォースゲージに取り付けたチャックに紙を固定し、手で紙を掴んだクリップを引っ張り最大荷重値を測定する簡易的な試験です。材料が異なるサンプル(フィルムなど)も同様に測定が可能です。研究開発、品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

ヘルメットシールドの操作性試験

ヘルメットシールドを上に押す(開ける)時の力を測ります。操作性の品質管理にお役立てください。
詳細はコチラ

クリップの挟む力測定

クリップの挟む力を測定することができます。専用治具の測定子をクリップで挟むと、挟まれた力がフォースゲージに表示されます。製品性能評価、品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ