シリンジ(注射器)・アンプル

注射針の刺通抵抗測定(ISO 7864:2016に一部準拠)

注射針の先端が皮膚に刺さる際の抵抗値は、人が感じる痛みに直接関わります。刺通抵抗が少ない方が痛みも少ないと言われています。そのため、注射針の刺通抵抗は注射針の品質管理や研究開発において重要な要素となっています。本動画では、ISO 7864:2016に一部準拠した注射針の刺通抵抗測定を行っています。規格に規定している測定速度や針の突き刺し長さは、イマダの測定器で簡単に設定できます。また、規格で求められている測定結果、貫通の時のピーク値と通過する際の平均値も、イマダの荷重-変位グラフ描画ソフトウェアを使用すれば自動で表示・計算されます。注射針の品質管理・研究開発にご活用ください。
詳細はコチラ

注射針の接合試験 (ISO7862: 2016 一部準拠)

注射器の針管を引っ張って、針基から抜けた際の最大荷重値を測定します。ISO7864:2016に一部準拠した測定となっています。一定荷重で引っ張り、針管が抜けないか測る非破壊検査も同じ器具で対応可能です。本試験で使ったMED-NPT-200Nは、3種類の異なる幅のスリットがあり、直径0.3~2.0mmの針径に使用できます。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

簡易的なシリンジ圧縮試験

汎用的なシリンジ圧縮試験です。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

シリンジニードルの引抜強度試験

ニードル引き抜き試験治具を用いたシリンジニードルの引抜強度試験です。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。規格に基づいた測定が可能です。
詳細はコチラ

シリンジ圧縮試験(規格に一部準拠)

シリンジ圧縮試験治具を用いたシリンジ圧縮試験です。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。ISO 7886-1 (2017) 規格に基づいた測定が可能です。
詳細はコチラ

シリンジニードルの刺しこみ力測定

シリンジニードルの刺しこみ力を測定するため、ニードルを物体に貫入させ抵抗力を測ります。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

その他医療機器

バイアル瓶の穿刺抵抗試験(ISO 8871-5:2016に一部準拠)

医療機器・医薬品は人や動物の疾病における診断、治療、または予防に使用されるものであり、人や動物の健康に密接にかかわっています。そのため、高い安全性が求められ、規格や社内規定で厳格に管理されているものも多くあります。本動画では、ISO 8871-5:2016に一部準拠したバイアル瓶の穿刺抵抗試験を行います。専用の治具でバイアル瓶を固定し、規格に規定された外径0.8mmの針をオスルアースリップアダプタに差し込み、針がバイアル瓶のゴム栓を貫通するまでの最大荷重値(=突刺抵抗力)を測定します。オプションのグラフ描画ソフトウェアを使用することでゴム栓が貫通されるまでの力の推移を視覚的に確認できるので、突刺抵抗力の分析が可能です。バイアル瓶の品質評価にお役立てください。
詳細はコチラ

しんせん(鍼尖)の強さ及び鋭利さ試験(JIS T9301 : 2016 一部準拠)

イマダのしんせん(鍼尖)強さ試験治具を使用したしんせん(鍼尖)強さ試験です。JIS T9301 (2016)「単回使用ごうしん(毫鍼) "附属書 A (参考) しんせん(鍼尖)の強さ及び鋭利さ試験方法"」に一部準拠した試験が可能です。品質管理に利用されております。
詳細はコチラ

医療用採取キット キャップの抜く力測定

検体などを採取する際に用いられる医療用採取キットのキャップの開栓強度を測定するため、キャップクランプ治具で医療用採取キットのキャップ部を掴み、引き抜く力を測定します。研究開発、品質管理等で利用されております。
詳細はコチラ

ピンセットのつまみ力測定(トレーニング)

ピンセットのつまみ力を測定することができます。専用治具の測定子をピンセットでつまむと、つままれた力がフォースゲージに表示されます。人のつまみ力トレーニングなどで利用されております。
詳細はコチラ

医薬品

医療用軟質バリア材料のシール強さ試験(ASTM F88/F88M–15: 2015 一部準拠)

医療機器・医薬品は人や動物の疾病における診断、治療、または予防に使用されるものであり、人や動物の健康に密接にかかわっています。そのため、高い安全性が求められ、規格や社内規定で厳格に管理されているものも多くあります。本動画は、ASTM F88/F88M–15に準拠した方法で 医療用軟質バリア材料のシール強さを測定します。オプションのグラフ描画ソフトウェアを使用して測定と同時に荷重と変位の関係をグラフ化し、規格の要求(取得したグラフの中心80%を範囲選択、統計値から平均値を取得するなど)を満たしながら、簡単にシール強度を評価することができます。
詳細はコチラ

錠剤の硬さ試験(圧縮試験)

錠剤(薬剤)の硬さを測定するための圧縮試験です。こちらのビデオではイマダの測定器と平型アタッチメントを使用して、錠剤を上から圧縮し、錠剤が破壊するまでを測定します。破壊が起こった時の最大荷重値を取得することで、錠剤の硬さを求める試験です。詳細はビデオをご覧ください。錠剤の硬さ試験は、研究開発や品質管理で利用されています。
詳細はコチラ

絆創膏のプローブタック試験

絆創膏等のプローブタック試験のため、プローブタックテスターで粘着力を測定します。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ