紙の摩擦係数試験(JIS P8147:2010一部準拠)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 摩擦試験
  4. 紙の摩擦係数試験(JIS P8147:2010一部準拠)

概要 お気に入り

紙の摩擦係数試験(JIS P8147:2010一部準拠)

摩擦力

JIS

グラフ描画

印刷用紙や板紙など紙類の摩擦係数を測定するため、紙と紙を滑らせた時の荷重を測定し、付属のソフトウェアで摩擦係数を算出します。動画では、JIS P8147 (2010)の水平法に準拠した測定を紹介しております。JIS P8147 (2010)の水平法では、以下のような要求があります。「引張試験機は,下部可動はりの移動速度を10.0 mm/min±0.2 mm/minで、おもりを約50 mm移動させ,その間の摩擦力を記録させる。おもりが移動し始める瞬間に示す最初のピークを静摩擦力とし,引き続きおもりが移動している間に示す摩擦力を動摩擦力とする。」イマダの摩擦係数測定器は、速度を10mm/minで設定することはもちろんのこと、おもりを50mm移動させている間の摩擦力を自動でグラフ化し、静摩擦係数も自動で算出するので、JISP8147 (2010)の水平法に準拠した測定が簡単に行えます。詳細は動画をご覧ください。

関連規格

JIS P8147 [ 2010 ] 「紙及び板紙-静及び動摩擦係数の測定方法」一部準拠

関連サンプル

  • 板紙
  • 印刷用紙
  • 厚紙
  • 包装用紙

測定動画

注意事項

ZTSシリーズのご使用をお勧めしております。
動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品