開ける力

物体を押したり引っ張ったり回したりすることで解放された状態にする力を測定したりします。機能性や操作性の評価などに使用されます。

ヘルメットシールドの操作性試験

ヘルメットシールドを上に押す(開ける)時の力を測ります。操作性の品質管理にお役立てください。
詳細はコチラ

ヒンジキャップの開蓋力測定

調味料の瓶の蓋(ヒンジキャップ)を開ける力を測定します。化粧品ボトルのキャップや、ガムボトルの蓋など、樹脂製ヒンジキャップの開蓋力を測定することが可能です。研究開発、品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

フィルムケースキャップの開蓋力測定

フィルムケースキャップの開蓋測定を行います。両端引掛け治具を、キャップの左右両端に引っ掛けて計測スタンドを使用して電動で引っ張る測定です。瓶の中栓や、ペンのキャップなど、かぶせるタイプのキャップ(オーバーキャップ)の開蓋力も同様に測定が可能です。研究開発、品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

化粧品ボトルのキャップ挿抜試験

化粧品ボトルのキャップの挿抜力を測定し、耐久性を評価することができます。挿抜を繰り返し行い、抵抗力(圧縮力、引張力)の変化を解析することで、研究開発や品質管理にご活用いただけます。
詳細はコチラ

パックご飯の蓋(イージーピールフィルム)剥離試験

食品包装業界では近年、易開封性(開けやすさ)が注目されています。それに伴い、フィルム製蓋材もイージーピールフィルムであることが求められます。イージーピールフィルムとはその名の通り、剥がしやすいフィルムのことですが、その剥がす力(剥離強度)を数値化し管理できるのが、イマダの剥離試験機です。剥離強度を測定することで、その蓋材が本当に簡単に剥がすことができるものになっているか?という開封性の評価ができます。こちらでは、レンジで温めて調理するタイプのパックご飯の蓋フィルムを剥離し、その剥離強度を測定する事例を紹介しています。こちらの試験で使用されているのは、ごはんパックの蓋フィルム専用に治具を設計した剥離試験機です。長方形かつ、柔らかい素材の容器をうまくクランプすることができるのが特徴です。詳細はビデオをご覧ください。イマダではこの他にも、ゼリーカップ容器の蓋フィルムや、カップラーメン容器蓋フィルムの剥離試験にも対応可能です。このようなイージーピールフィルムを剥離する試験は、研究開発や品質管理で利用されています。
詳細はコチラ

ステイオンタブ包装(飲料缶)の開封引張測定

ステイオンタブ(缶ジュースのプルタブ)の開封力の測定方法を紹介しております。JIS S 0021-2では、「ステイオンタブを500mm/minの速度で90度の角度までリングを起こした際の引張荷重(開封強さ)を読み取る」とあります。この引張荷重(開封強さ)とは測定における最大荷重値(ピーク値)の事です。イマダの測定器は、サンプリング速度が速いので、一瞬の最大荷重値を逃さず正確に読み取ることができます。もちろん、JISの要求事項である測定スピードにも対応可能ですし、また、測定結果をグラフ化し分析することもできます。このような試験は研究開発や品質管理で利用されております。詳細はビデオをご覧ください。
詳細はコチラ

食品包装フィルムの引き裂き(開封力)測定

菓子の袋やレトルトパウチの易開封性梱包材の開封力を測定するため、フィルムを引き裂いた際の抵抗力を測定します。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

スパウトパウチのスクリューキャップ開栓力測定

スクリューキャップとは、回して開けるタイプの蓋材で、ゼリーやジュースなどの飲料包装、また化粧品やシャンプー、洗剤などの詰め替え用包装などに多岐に渡って利用されています。近年、包装業界では、「開栓のしやすさ」が注目されており、スクリューキャップも、「開栓しやすい(回しやすい)」というのが重要となっています。回しやすさの評価は、トルク(回す力)を測定することで可能になります。こちらでは飲料ゼリー容器のスパウトパウチキャップの開栓トルク試験例を紹介しております。こちらの開栓トルク試験で使用されているのは、スパウトパウチ専用に治具を設計したトルクテスターです。こちらの治具では、スパウトパウチ部分を差し込むだけでセットができるよう設計されているため、作業効率が良く、内容物が入った完成品を試験する場合でも、中身が押されて飛び出してしまうという事がありません。このようなスクリューキャップの開栓トルク試験は、研究開発や品質管理で利用されています。
詳細はコチラ

カップ麺の蓋開封強さ試験(全面剥離)

カップ麺などヒートシールされた蓋の開封強さを確認するため、剥離試験を行います。JIS S0021-2 (2018)に一部準拠した全面剥離試験を行うために、特注治具を使用します。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

菓子袋などヒートシールの開封力測定(JIS S 0021-2:2018の一部に準拠)

JIS S 0021-2 (2018)は、食品包装の易開封性に関する規格です。このJIS S 0021-2(2018)には、スクリューキャップなどの蓋材をはじめ様々な包装容器の易開封性を確認するための試験方法について述べられていますが、ここでは、その中でもヒートシールにより密閉された食品包装袋(菓子袋など)の開封力試験を紹介しております。JIS S 0021-2(2018)の要求事項として、細かな条件は色々ありますが、主として「開封強さと開封距離の関係を図として示し、その過程の最大荷重値を読み取る」とあります。これは言い換えれば、引張荷重と変位の関係をグラフ化する必要があるという事ですが、イマダの測定器とソフトウェアを使えば、その関係をグラフ化し、最大荷重値もグラフ上で容易に確認できます。また測定値の取得間隔は50~100回/secとの要求もありますが、もちろんそれにも対応可能でソフトウェア上で設定可能です。イマダの測定器は卓上サイズで扱いやすく、JIS S 0021-2(2018)に準拠した測定も比較的簡単に行うことができます。詳細はビデオをご覧ください。JIS S 0021(2018)内のこのような試験は研究開発や品質管理で利用されています。
詳細はコチラ