圧縮力・潰す力

圧縮コイルバネの三段階圧縮試験

特注のプログラムが組み込まれた電動計測スタンドを使用し、コイルバネの特性を三段階の変位量又は荷重値で測定します。例えば、計測スタンドでサンプルとの接触位置から3,8,15mmと3つの変位量を指定し圧縮したり、5,10,25Nと3段階の荷重値を指定し圧縮することも可能です。指定値での圧縮保持時間を個別に設定することもできます。取得データを荷重-時間のグラフにすることで時系列で荷重値の変化を確認でき、荷重-変位のグラフにすればヒステリシスの確認もできます。
詳細はコチラ

バスケットボールの反発力測定

大型の特注電動計測スタンドと治具を使い、バスケットボールの反発力を測定します。使用する特注スタンドは門型になっており、バスケットボールなど大きいサンプルの測定が可能です。ボールは押すほど荷重値が大きくなるため、反発力測定では一定の押し込み量(変位量)を設定し荷重と変位の推移を確認する必要があります。グラフ描画ソフトウェアを用いれば、荷重-変位の関係をグラフ化しボールに押し込む際の力と元の形に戻ろうとする反発力の荷重推移を視覚的に確認することができます。
詳細はコチラ

枕の反発力測定

特注の電動計測スタンドと治具を使い、枕の反発力を測定します。押し込み量(変位量)を設定することで、その変位量を押し込むのに必要な荷重値と、フォースゲージを測定開始位置に戻すまでに発生する荷重値(=反発力)を計測できます。この枕を押し込む際の力と元の形に戻ろうとする反発力の推移は、荷重と変位の関係をグラフ化するソフトウェアを用いて図示化できます。
詳細はコチラ

紙箱の圧縮強さ試験

菓子箱やギフトボックスなど様々なものの梱包に使われる紙箱の圧縮強さを測定します。紙箱をつぶれるまで押し続けることで、つぶすのに必要な荷重=圧縮強さを測ります。品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

リップクリームの折れ強度測定

リップクリームの折れにくさを示す折れ強度を測る試験です。リップクリームの中心をずれなく押すことのできる治具と、FRTSというレオメーター用のスティックステーをより汎用性の高い電動スタンドに取り付けられる特注製品をつかって簡単かつ正確に折れ強度が測れます。グラフ描画ソフトウェアをつないで、リップクリームが折れた時の最大荷重値の記録はもちろん、その前後の荷重の変化を時系列で見ることもできます。
詳細はコチラ

段ボールの起函力測定

近年、輸送中に大切な商品を守る段ボール箱の重要性はますます高まっており、段ボールの品質管理にも注目が集まっています。段ボールの品質管理というと、例えば、平らにたたまれている段ボールを箱型に起こす力を起函力、箱型にする機械のことを起函機(製函機)と言いますが、箱の起函力にばらつきがあると機械が止まる原因になってしまうので、起函力の管理が必要になります。イマダの特注治具を使用すれば、段ボールを起函する際に要する押しつけ荷重を測定することができます。さらに、オプションのグラフ描画ソフトウェアを併用すれば、段ボールを起函する際の力の変化を視覚的に確認することも可能です。
詳細はコチラ

緩衝材の反発力測定

緩衝材の反発力(弾性)を測定するため、イマダの荷重-変位測定ユニットを使用して、圧縮試験を行います。緩衝材を押せば押すほど圧縮力が大きくなるため、一定の押し込み量(変位量)での最大圧縮力を比較する必要があります。つまり、変位を基準に荷重値を分析する必要があるという事です。イマダの荷重-変位測定を使用すれば、荷重と変位の関係をグラフ化し、緩衝材が押しつぶされる力と元の形に戻ろうとする反発力の荷重推移を視覚的に確認できます。このような試験は品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

梱包材の反発力簡易測定

梱包材の反発力(弾性)を測定するため、一定の押し込み量を決め圧縮し、最大荷重値を測定します。梱包材を押せば押すほど圧縮力が大きくなるため、一定の押し込み量(変位量)での最大圧縮力を比較する必要があります。ですので今回の動画では、押し込み量を10mmに決めて測定を行っています。詳細は動画をご覧ください。このような試験は品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

ボールの反発力簡易測定

ボールの反発力(硬さ)を測定するため、一定の押し込み量を決め圧縮し、最大荷重値を測定します。ボールを押せば押すほど圧縮力が大きくなるため、一定の押し込み量(変位量)での最大圧縮力を比較する必要があります。ですので今回の動画では、押し込む量をテーブルから55mmまでと決めて測定を行っています。このような試験は品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

球技用ボールの反発力測定

球技用ボールの反発力(硬さ)を測定するため、イマダの荷重-変位測定ユニットを使用して、圧縮試験を行います。ボールを押せば押すほど圧縮力が大きくなるため、一定の押し込み量(変位量)での最大圧縮力を比較する必要があります。つまり、変位を基準に荷重値を分析する必要があるという事です。イマダの荷重-変位測定を使用すれば、圧縮力と変位の関係をグラフ化し、ボールが押しつぶされる力と元の形に戻ろうとする反発力の荷重推移を視覚的に確認できます。このような試験は品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ