資材(フィルム・紙・テープ等)

レジ袋のヒートシール強度試験

レジ袋など、ポリエチレン製袋のヒートシール強度を確認するため、ヒートシール部を切り出し、両端を引っ張った時の切れる力の測定を行います。JIS Z1711(1994)に一部準拠した測定が可能です。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

剥離試験機を使用した粘着シートの180度粘着力試験

テープやシートの粘着力の測定事例です。粘着力の測定では、その測定物を剥がす力の平均を出す必要があるため、剥がす速度を一定にするのが重要です。剥がす速度にばらつきがあると、平均値に影響を及ぼすためです。動画では、剥離試験専用機を使用し、粘着シートを180度で剥がす粘着力試験を紹介しています。このイマダの剥離試験専用機は、電動で剥がす速度を一定に保ち、平均値を自動で算出することができるため、より正確に、そして簡単に粘着力を測定することができます。
詳細はコチラ

エンボスキャリアテープの引張強度測定

エンボスキャリアテープの引張強度を測定するため、カバーフィルムが破断する際の力を測定します。品質評価、品質管理で利用されております。JIS規格に基づいた測定が可能です。
詳細はコチラ

粘着テープの90度剥離試験(ピールテスト)

粘着テープの90度剥離試験(ピールテスト)を行い、剥がした際の粘着力を測ります。品質管理や研究開発で利用されております。JIS規格に基づいた測定が可能です。
詳細はコチラ

包装フィルムの引張強度測定

フィルムの引張強度測定事例です。切り出した試験片のフィルム両端をフィルムチャックで掴み、引っ張ることでその強度を測定します。動画では包装フィルムの引張強度測定事例を紹介していますが、包装用途以外のフィルム、布生地など他の種類の試験片にも応用可能です。このような引張強度測定は、研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

包装フィルムの摩擦係数試験

包装フィルムの簡易摩擦係数試験機を使用して、フィルムの滑りやすさ(すべり性)を測定します。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。JIS規格に基づいた測定が可能です。
詳細はコチラ

レジ袋の持ち手強度測定

レジ袋の持ち手強度を測定するため、持ち手部分を引っ張り、切れたときの荷重値を測定します。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

紙の摩擦係数試験(JIS P8147:2010一部準拠)

印刷用紙や板紙など、紙類の摩擦係数を測定するため、紙と紙を滑らせたときの荷重を測定し、付属のソフトウェアで摩擦係数を算出します。JIS P8147:2010に一部準拠した測定が可能です。研究開発の特性評価などで利用されております。
詳細はコチラ

圧着紙のはく離強度試験

圧着はがきや圧着紙など、圧着加工によりのり付けされた部分の接着力を測定するため、特注治具を使用してはく離強度試験を行います。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

資材(段ボール・梱包等)

緩衝材の弾性測定

梱包に用いる緩衝材の弾性を測定するため、圧縮した際の反発力を測定します。品質評価、品質管理に利用されております。
詳細はコチラ

PPバンドの強度測定

PPバンドの強度を確認するため、引張荷重試験を行います。動画では、「ポリプロピレン製バンド」というJIS規格の該当部分に準拠した荷重試験を行っています。このJIS規格では、PPバンドが破断するまで引張り、破断するまでの最大荷重値とその際の変位が、規格の定める基準値をクリアしているかを確認します。最大荷重値を正確に測定するために重要なのが「サンプリング速度」です。(サンプリング速度とは、1秒間にどのくらのデータを処理する能力があるかというものです。)サンプリング速度が遅いと、荷重値が最大になった瞬間を逃してしまうからです。動画で紹介している荷重試験機は、卓上のコンパクトサイズですが、サンプリング速度が「2000データ/秒」と非常に速く、正確に最大荷重値が取得できます。荷重試験機付属のグラフ描画ソフトウェアを使えば、最大荷重値とその際の変位などの統計値も自動で出力され、試験結果の分析も簡単に行えます。このような引張荷重試験は、品質評価や品質管理で行われています。
詳細はコチラ

段ボール箱の圧縮強度試験

オンラインショッピングが盛んになっている現在では、輸送中に大切な商品を守る段ボール箱の重要性はますます高まってきています。トラックにたくさんの荷物が積まれる中、段ボールが潰れてしまったら中身も潰れてしまいますし、潰れた隙間から雨が入って中身が濡れてしまうかもしれません。つまり段ボールは、簡単には潰れない圧縮強度が必要です。段ボール箱の圧縮強度は、耐圧試験や破壊試験と呼ばれる圧縮試験方法で測定することができます。耐圧試験とは、一定の力で押し続けることで、その力に段ボール箱が潰れずに耐えられることができるかを確認するものです。破壊試験は、どのくらいの力をかけたら段ボール箱が潰れて破壊してしまうかを確認するものです。イマダの圧縮強度測定器は、どちらの試験も可能です。(ビデオでは、破壊試験の様子を撮影しています。)このような段ボール箱の圧縮強度測定器は、品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

食品包装

菓子袋などヒートシールの開封力測定

ヒートシールにより密封された、菓子袋や食品包装の袋の開封力測定を行います。菓子袋のヒートシール部をフィルムチャックで掴み、袋が開封されるまで引っ張った時の力を取得します。JIS規格に一部準拠した測定が可能です。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

菓子袋の開封力測定

菓子の袋やレトルトパウチの易開封性梱包材の開封力を測定するため、フィルムを引き裂いた際の抵抗力を測定します。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

包装フィルムの突刺し強さ試験

包装フィルムの突刺し強さを測定するため、フィルムにピンを突刺し、貫通させたときの強度を測定します。特性評価、品質管理、研究開発で利用されております。JIS規格に基づいた測定が可能です。
詳細はコチラ

食品包装用フィルムのヒートシール強さ試験

菓子や食品包装などのヒートシール強さを測定するため、包装袋のヒートシール溶着部を引張り、剥離力(溶着力)を測定します。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。JIS規格に基づいた測定が可能です。
詳細はコチラ

レトルトパウチ耐圧縮強さ試験(JIS Z0238 : 1998一部準拠)

レトルトパウチなど、ヒートシールされた食品包装袋や容器の耐圧縮強さ試験を行うため、プレス試験治具で上下方向に一定の圧縮荷重をかけ続け、耐えられるかどうかを確認します。JIS規格に一部準拠した測定が可能です。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

ゼリーカップ容器の蓋剥離測定(手動)

ヒートシールされたゼリーカップ容器の蓋の開ける力を測定するため、フィルムを手で引っ張り、簡易的な剥離測定を行います。品質管理等で利用されております。
詳細はコチラ

ゼリーカップ容器の蓋開封性試験

ヒートシールされた蓋材の開封性試験です。動画では、ゼリーカップ容器のフィルム蓋を45度(実際に容器を開封する状態と近い角度)で引張り始め、フタを剥がす力を測定する事例を紹介しております。他にも、カップラーメンの蓋材などホットメルトされたヨーグルトカップの蓋材などにも使用できます。イージーピールの蓋材は、本当に簡単にはがすことができるようになっているか?開封性試験はこの点の品質管理に利用されています。
詳細はコチラ

大型ボトルの開栓トルク試験

医薬品容器や食品容器などに使用される大型ボトルの開栓トルク・閉栓トルクを測定するため、トルク-角度測定ユニットを使用して、トルク-角度またはトルク-時間の関係を測定し、分析します。品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

飲料包装

紙ストローの突き刺し試験

紙ストローの突き刺し試験を行います。飲料カップ容器にヒートシールされたフィルムの蓋に紙ストローの尖り部分を突き刺した時の力を測定します。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

紙ストローの曲げ強さ試験

近年、だんだんとプラスチックストローから紙ストローへ移行していますが、気になるのは強度です。プラスチックに比べ紙は水に弱く、飲み物に浸してもストローは十分な強度を保てているのか、そもそも飲み物に浸す前もストローとしての機能を果たせる位に強度が十分であるのか?このような強度を確認するための方法として、例えば曲げ強さ試験があります。曲げ強さ試験の方法は、ビデオにもありますが、ストローを水平方向に置き、真ん中の1点を上から押し、どのくらいの力まで折れずに耐えられるのかという「曲げ強さ」を測定します。また、同じ種類のストローを水に一定時間浸し、浸さないものと浸したものの曲げ強さを比較することで、水に対するストローの強さも確認できます。イマダの測定器・ソフトウェアを使用すれば、水に浸したストローと浸さないストロー両方の測定値をグラフ化し、簡単に画面上で比較・分析することができます。このような曲げ強さ試験は、研究開発や品質管理において行われています。
詳細はコチラ

ボトルや瓶のスクリューキャップテスト

飲料、食品、医薬品用の瓶の蓋に用いられるスクリューキャップの開栓力・閉栓力を測定するため、スクリューキャップテスターを使用して蓋を手で回したときのトルク値を測定します。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

ステイオンタブ包装(飲料缶)の開封引張測定

ステイオンタブ包装(飲料缶)の開封引張試験を行うため、飲料缶開栓治具を使用して、プルタブを引っ張り、開栓されたときの測定値を取得します。JIS規格に一部準拠した測定が可能です。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

牛乳パックの開封強さ測定(手動)

牛乳パックを手で開封する力(開封強さ)を測定するため、特注治具を使用して、牛乳パックの屋根形部分を引き剥がす力を測定します。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

牛乳パックの開封引張試験(電動)

牛乳パックの開封性を測定するため、特注治具を使用して、牛乳パックの開封引張試験を行います。JIS S0021-2 (2018)に一部準拠した測定が可能です。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

500mlペットボトルの座屈強度測定

成型されたペットボトルの強度を測定するため、ペットボトルを圧縮し、座屈強度測定を行います。特性評価、品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

医薬品包装

錠剤包装(PTP包装)の押し出し力測定

錠剤包装(PTP包装)の押し出し力を測定するため、ピンゲージで錠剤包装のプラスチック部分を押し込み、錠剤が押し出されるまでの力を数値化します。品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

口紅・リップクリーム容器の繰り出しトルク測定

スクリューキャップテスター(トルク計)を使用して、口紅やリップクリームなど、繰り出し容器の回す力(繰り出しトルク)を測定します。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

錠剤包装の押し出し力測定

錠剤包装の押し出し力を測定するため、圧縮力を測ります。品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

ボトルや瓶のスクリューキャップテスト

飲料、食品、医薬品用の瓶の蓋に用いられるスクリューキャップの開栓力・閉栓力を測定するため、スクリューキャップテスターを使用して蓋を手で回したときのトルク値を測定します。研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

大型ボトルの開栓トルク試験

医薬品容器や食品容器などに使用される大型ボトルの開栓トルク・閉栓トルクを測定するため、トルク-角度測定ユニットを使用して、トルク-角度またはトルク-時間の関係を測定し、分析します。品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

ディスペンサーの押す力測定

消毒液やアルコールスプレー、シャンプー、化粧品などを入れるディスペンサー(ポンプ容器・プッシュボトル)の押す力を測定することで、噴射力や吐出量を管理することができます。品質評価、品質管理で利用されます。
詳細はコチラ

成型品容器

スプレー噴射力測定

スプレー噴射力測定のため、ノズルを押し、抵抗力を測ります。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

化粧品ボトルのキャップ挿抜試験

化粧品ボトルのキャップの挿抜力を測定し、耐久性を評価することができます。挿抜を繰り返し行い、抵抗力(圧縮力、引張力)の変化を解析することで、研究開発や品質管理にご活用いただけます。
詳細はコチラ